アンジュスタッフによる時短レシピ No.5

catch_blg_08

皆さま、こんにちは。アンジュレディースクリニック 助産師 早稲田幸子です。

今回は、お腹もちもよくてタンパク質・食物繊維を効果的に摂取できる時短レシピをご紹介いたします。妊娠初期からのつわりの影響か「お肉もお魚も食べにくくなった」またマイナートラブルの代表とも言える「便秘も気になる」、炭水化物を控えるサポートとして今回の「厚揚げとキノコの炒めもの」は大豆の植物性たんぱく質とキノコの繊維質を組み合わせた簡単レシピです。

キノコは今回舞茸を使用しましたが(我が家の冷蔵庫にあったので・笑)使用するキノコは椎茸・エリンギ・しめじ・えのきでもOKです。

健全なマタニティライフのために体重を気にかけている妊婦さん…、当院助産師もそんな姿勢を応援してますよ✊

当HPで紹介するレシピは、あくまでも「時短」優先になっております。調味料も「適量」が多いです。ご了承くださいね😌 レシピは紹介をモットーにお伝えしますので「こんなお料理もあるんだな~」と参考程度にご拝読していただければ幸いです。

準備するもの(2~3人前)
厚揚げ 1枚
舞茸 1パック
だし醤油 約大さじ1.5~2杯

だし醤油がなければめんつゆでもいいです。
また、粉末だし少量+醤油でもいいです。

ごま油 お好みで適量
サラダ油 少量
1. 厚揚げを食べやすい大きさにカットする。

1口弱の大きさがオススメです。舞茸は手でちぎる。

001

2. フライパンに少量の油を入れてフライパンを温める。

材料を中火で炒め火が通ったらだし醤油を入れ軽く火を通す。
粉末だし+醤油の場合は醤油に粉末だしを入れて軽くかき混ぜた後に回し入れた方が味のムラがなくなります。
お好みで、ごま油をサッと回し入れて混ぜてもいいです。ちなみに我が家は最後に入れることが多いですね☺️

002

3. お皿に取る。

003

 

低カロリーを意識していてボリュームアップしたい時は、「もやし」「ちくわ」「ネギ」を入れると量が増します。その際は、だし醤油の量を若干増やして下さいね。
塩分のことを考慮すると、生姜を少しづつ付けながら召し上がるのもいいですよ😘
私は、キノコ系の風味は減塩の味方だと思っているので、キノコの組み合わせで風味を楽しむのも工夫の一つだと思います😄

厚揚げは、焼いてよし・煮てよし・炒めてよし…家庭料理の強い味方ですね😁

 

(厚揚げとキノコの炒めもの 調理実施・記 助産師 早稲田幸子)
アンジュレディースクリニック